アンドロイドアプリを作ります。 ~初心者から開発者への道~

最近アンドロイドを買いました(^^) 以前から興味があったアプリ開発をやってみたいと思います☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンドロイドアプリ開発 Graphical Layoutが表示されない

Graphical Layoutが表示されないといことは具体的にいうと↓

プロジェクトをインポートした際にGraphical Layoutが表示されない!!

ということ^^;

アプリ開発を初めて2ヶ月くらいだが、ずっと放置してた問題です。。

この問題なんですが、完璧な方法ではないと思うけど適当にいじってたらGraphical Layoutが表示されたのでメモ。

やり方
①プロジェクトをインポートする
②.xmlをAndroid レイアウト・エディターで開く
③ターゲットを選択(2.2だったら2.2とか)
④.xmlのコードを全コピーして再度全貼付け

以上でGraphical Layoutを表示することができた(^^)

今まで②までは実行していたのだが、③④の手順を実行してなかったので表示されなかった。。

上記は正式手順ではないと思うが、まぁよしとする。
スポンサーサイト

アンドロイドアプリ開発 editTextの文字数の制限

AlertDialog上でEditTextに入力させる必要がでてきたのでやってみた。

ソースは下記の通り。

-------------------
final EditText editText = new EditText(this);
InputFilter[] inputFilter = new InputFilter[1];
inputFilter[0] = new InputFilter.LengthFilter(4);
editText.setFilters(inputFilter);

-------------------

上記のLengthFilter(4)は4桁までの意味。

1桁なら(1)でOK。

ちなみにXMLでの桁数制限は1行で書けますので、上記のソースはAlertDialog上でしか使わないでしょう^^;

アンドロイドアプリ開発 縦固定、横固定

アンドロイドアプリを縦固定にする、横固定にするのは簡単でした。

Manifestファイルのの中に下記を記載するだけ。

/* 縦固定なら */
-------------------
android:screenOrientation="portrait"
-------------------

/* 横固定なら */
-------------------
android:screenOrientation="landscape"
-------------------

といった感じです(^^ゞ

ちなみに複数の画面に縦固定、横固定を加えたいときは複数の画面に対する全てに設定が必要
ですので注意してください☆

アンドロイドアプリ開発 構造体のクラス作成

私、C言語は経験者ですけどJavaは未経験者でしたので、Javaには構造体がないということを知りませんでした。

じゃっかんアンドロイドアプリ開発には関係ないかもしれませんが、メモとして書いときます(^^)

------------------------------
/* 構造体のインスタンス作成 */
  Data data = new Data();
  Data[] mydata = {
    new Data("0",0),
    new Data("0",0),
    new Data("0",0),
    new Data("0",0),
    new Data("0",0),
  };


/* 構造体のクラス作成 */
class Data{
  public String str;
  public int num;
  
  /* 初期値いれるために書く */
  public Data(){}
  public Data(String a,int b){
    this.str = a;
    this.num = b;
  }
}

------------------------------

上記のような感じで構造体のようなかんじのことができるようになります。

mydata[0].num = 1;

とかで構造体を指定して値をいれることができます(^^)

アンドロイドアプリ開発 浮動小数点の桁数限定

テキストの値を取得し、小数点単位で計算し、テキストに変更し表示させた時にハマりました^^;
浮動小数点が6桁くらいまででてしまったのです。

最終的には下記のようにしました。

------------------------
double kakuritu;

BigDecimal big = new BigDecimal(String.valueOf(kakuritu));
kakuritu = big.setScale(2,BigDecimal.ROUND_HALF_UP).doubleValue();

------------------------

上記記述でコンマ2桁まで表示せることができました。

kakuritu = big.setScale(2,BigDecimal.ROUND_HALF_UP).doubleValue();

で2を3に変えると3桁までといったように変更することができます(^^)

アンドロイドアプリ開発 EditTextの文字列取得方法

EditTextでは.getText()で文字列を取得できないことがわかりハマりました。
どのように対処したかは下記のとおり。

-----------------------

インスタンス.getText().toString()

-----------------------

.toString()はEditTextでは必要だったようです^^;

ちなみに空白を判定するときは下記のようにしないといけない。

-----------------------

if( インスタンス.getText().toString().equals("") )
{
}

-----------------------

if( "" == インスタンス.getText().toString())

とか

if( NULL == インスタンス.getText().toString())

とかでは判断できずハマリました。

お気をつけあそばせ。。。

アンドロイドアプリ開発 クロノメーター

クロノメータを使用するためには下記のようソースを書く。

------------------------

/* 初期化 */
chronometer.setBase(SystemClock.elapsedRealtime());

/* タイマースタート */
chronometer.start();

/* Chronometerイベントリスナーの登録 */
chronometer.setOnChronometerTickListener(this);


/* 1秒間毎にここが実行される */
public void onChronometerTick(Chronometer chronometer) {
/* ここに処理を書く */
}

------------------------

クロノメーターはいろいろ機能があるらしいが、今はまだ上記のみしかわかりません^^;

あとから追加しよう。

アンドロイドアプリ開発 画面がタッチされた時のイベント

画面がタッチされた時の処理は下記のようソースを書く。

-----------------

public boolean onTouchEvent(MotionEvent ev) {

/* ここにはタッチされた時にどういう処理をするかを書く */

}

-----------------

よく使う処理なので覚えておくこと(^^)

アンドロイドアプリ開発 タイトルの非表示

タイトルを非表示にしたいときは.javaソースに下記のよう書くこと。

-------------

requestWindowFeature(Window.FEATURE_NO_TITLE);

-------------

各場所は、super.onCreate(savedInstanceState);の下でよい(^^)

アンドロイドアプリ開発 画像表示

画像表示方法は下記のようにソースを書くとできる。

------------------
Bitmap bmp = BitmapFactory.decodeResource(r,R.drawable.画像名);
img.setImageBitmap(bmp);
------------------

一行目の画像名は拡張子がいらないので注意すること(^^)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。